猛暑に対応したエアコン生活

梅雨が明け、いよいよ猛暑の日々が続く季節になりました。昔は気温も三十度を超えると暑さを感じましたが、ここ近年の夏は平気で三十五度前後の環境となっています。毎日のように、熱中症で病院に運ばれる人がニュースや新聞で話題となっています。私も暑さには強い方だと思っていましたが、流石に毎日続くと体力の消耗や体のだるさを感じずにはいられません。今までは可能な限り扇風機の生活を送っていました。しかし今年はとうとうエアコンを長時間起動する生活になりました。やはりニュースで熱中症の報道を見るたびに、熱中症は室内にいてもかかってしまうことがあるとのことや、室内に生活する中でも気温は二十八度以下に保つのが良いと言われていることから実践している次第です。エアコンを使用するにあたっては、電気代も気になるところですが体調の維持や、健康を保つということは何よりも重要です。暑さを避けるように過ごすことは欠かせませんが、私も含めて長時間エアコン内の環境にいると、また別の体のだるさを覚えるときもあります。体は冷やし過ぎず、適度な温度設定も大切であると思います。